マグニチュード99

最期の時まで美学を求めると決めた

盲導犬利用で差別解消の法律を盾にしても、犬のアレルギーが患者に危険なのは変わりがない

www.hokkaido-np.co.jp

盲導犬拒否、52%が経験 店舗や交通機関で、民間調査

北海道新聞04/27

 

この世では様々な利害が絡み、特定の者に優位な権利を与えるだけで、その者に劣後して義務だけを押しつけられる者が出るのなら、それは「負の連鎖」でしかないのだ。

それが、この盲導犬問題でも露呈している。

公的機関は「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」を盾に、一方的に民間施設とその従業員に対し、時には犬アレルギーに起因する回復不可能な経済的損害を被る事例を秘かに想定しながらも、それに対する救済の道を作る事なく、実態として広く過大な法的義務を課している。

つまり、この法律は民間施設に犬アレルギーから生じる問題責任の全てを負わせ、その一方で公営施設は、この法律を盾にして守られる様に仕組まれているのである。 

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com