マグニチュード99

最期の時まで美学を求めると決めた

★ チェーンの小型車では制動できないのが真冬の札幌だ

www.youtube.com

www.hokkaido-np.co.jp

チェーン義務化、道内必要? スタッドレスタイヤが一般的

北海道新聞12/03 05:00

 

これがミラーバーンだ! ススキノ大交差点 札幌市すすきの 冬道 国道36号線

ユーチュ-ブ2013/12/16 に公開

 

国交省幹部は、札幌市と北海道全域をスタッドレスタイヤの上にチェーンを巻いて、冬期間、24時間、走るのが好い。

話は、それからだ。

タイヤチェーンは、本来は緊急時の装着品であって、装着後数時間或いは数日間の長時間を装着し続ければ、車両の重さと道路との間で起きる摩耗で激しく損傷し、切断し車輪から外れ、それでタイヤ4本の間の摩擦係数が変化してしまい、走行の均衡性を失う危険性があるので、走行速度は低速に制限されるという代物だ。

チェーン義務化とは、スタッドレスタイヤの機能では冬の北海道は走行不能で危険だから、スタッドレスタイヤ利用を禁止にする、それに替えてチェーンの機能を利用しろと国交省が白状したのも同然だ。

だが酷寒の北海道の凍結した路面では、普通乗用車程度の重量であればスタッドレスタイヤやチェーンよりもスパイクタイヤが安全である事は、パイクタイヤ装着を禁止しスタッドレスタイヤ装着を27年前に法的に強要した時から、北海道に住む人なら誰でも承知している。

特に札幌市内は交通量が非常に多いので車道、特に横断歩道の部分では停止と発進が頻繁に繰り返されて、その摩擦が増える事で圧雪の部分がスケートリンクの様に磨かれるから、そこでは海外観光客や高齢者が転倒して後頭部を激しく打ち付け、重大な症状を招く事例は少なくなく、それが札幌の長大な地下道路を発達させた遠因となった。

スタッドレスタイヤが幾ら柔らかなゴムで作られているとは国交省が弁明しても、所詮はゴム製だから、積雪には強くてもブラックアイスとかミラーバーンと呼ばれスケートリンクと同じくなる凍結路面では、基本的には不適切極まりない代物だ。

運転者が冬道運転の事故を起こす確率を下げるつもりなら、そうする知識と備えが必要なのが当然としても、それを実行する運転者は意外と少数で、車両の底面が深い雪や盛り上がった雪壁に乗り上げてしまえば例え4駆でも自力脱出は簡単にはできないが、交差点で隣の車両に先駆けて発進するのを快感とする4駆愛好者は、4駆だからヘルパーがなくても何とかなるさ、という所が北海道人らしい性格だ(笑)。

だが、万事が自身の都合が好い様には転がらないのがこの世の現実で、実際は乗用車であれば、札幌土木センターから無料配布される滑り止めの砂を幾つか入手し、更に私は脱輪や没輪など脱出の際に使うためランクル適応の大きなヘルパーを持っているが、使い古した毛布類をヘルパーの下敷き用に備え、その外、除雪スコップ、雪壁と車道の境界や雪の吹き溜まりを判別しやすい黄色の低位着装フォグランプ、けん引ロープ、軍手、膝まで入る長い長靴、などなど積雪や凍結道路での自己防衛には様々な準備が無ければ、最後に自分が泣くか死ぬはめになる。

そして凍結路では、駆動輪に荷重が充分負荷される事が、先ずは大切だ。

例えば前輪駆動なら左右の全席に均等に加重する様、助手席側に滑り止めの砂袋や細かな砕石材が入った袋を計4Kgから6Kg程度置くとか、後輪駆動であればトランクルーム内の左右タイヤハウスに砂袋など重たい物を置く、と言う事になる。

凍結路面での4輪駆動の欠点は、前駆も後躯も登れないような坂道さえ間違って登ってしまった場合、坂道を下る時は引力の力で滑りながら落ちるのだという自然の原理を忘れ、それを自車の能力で下って行くと勘違いしているので、いざ下る時には自車の重みで加速してしまって操縦能力を失ってしまう所だが、それを知らない初心者は多い。

また時間の経過で圧雪から凍結路面に変化する中、乗車人数が多いバスや加積重量が大きなトラックなら空転せずに発進制動出来るが、空のバスやトラックは空転するばかりで危険性は増加する。

そもそも普通乗用車の場合は、そうした大型車両に比べて車重が軽いので、チェーンを巻いても大型車両の様にはチェーンが路面に食い込まず、車体は硬い凍結路で浮いてしまって発進制動の効果は減少してしまうのだ。

それにしても、北海道の警察官からさえ懸念の声を聞いていた、凍結路面でこそ最も安全なスパイクタイヤに替えて危険なスタッドレスタイヤ装着強制が始まった時にも感じていたが、完全禁煙だの、何でもかんでもワクチンだの、非常停電時に利用不可でもネット決済だの、市民が検証できない監視カメラだの、個人情報漏えいの危険性を置き去りにしたままでクソも役に立たない国民総背番号カードだの、危険性を煽るだけで冷静さを欠く世論誘導の北朝鮮ミサイル騒動だの、そしてこのタイヤチェーン装着強制政策といい、何かと強制的な政策を全日本人に執り続ける政府は、一体だれの為にその強権を揮いているのか。 

magnitude99.hatenablog.com