マグニチュード99

最期の時まで美学を求めたい

コシノジュンコ氏は、黒尽くめの流行色で自己を殺し続ける日本人社会に苦言を示したのだ

www.asahi.com

www.hokkaido-np.co.jp

「色のある服を着よう」 コシノジュンコさん講演 札幌

北海道新聞10/22 05:00

 

 のぞみに「拳銃持った人」通報…実は私服警官、列車遅れ

朝日新聞2018年10月22日13時35分

 

2007年から続く黒色の流行は、リッチブラックを名乗った後に男性の背広などに止まらずに女性の被服、バッグなど小物類にも広がったまま、今の今まで続いている。

コシノジュンコ氏は、絶対的な影響力で日本の流行色を決定する JAFCA | 一般社団法人日本流行色協会 | Color History や、それを指導する Intercolor - International and interdisciplinary platform of color experts に誘導されて全国統一された戦争中の国民服に等しい黒色服に潜む日本人の感性と思想性に対して、ファッションデザイナーの立場から不気味な異常性を感じ、明らかに批難をそこに加えたのだと、私は受け止めた。

私が若い時に愛用していた千鳥格子やグレー色の背広、ダーティ・ハリー張りの皮肘当てを施したストレートボディシルエットのアメトラなどは、今やデパートなどではなかなか見る事がない。

アメトラは、何よりも絞り込まずにゆったりとしたデザインが特徴で、身体が動き易く、ハリーがマグナム弾を使用したS&W・M29長銃身モデルを左脇に装着するには相性が好かった。

ところで、のぞみ114号に乗車した私服警察官は規則通りにケースに入れて所持していたのだろうから、それはハリーのM29ではなかっただろう(笑)。

世界の国家主義者たちは、この流行色の問題は勿論、何よりも常に市民の私生活の隅々に至るまで、硬軟両様に統一性を強いて来るのが特性である。

 

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

 

現実社会へ危機感が無く、茹でガエル化する北海道の若者たち

toyokeizai.net

toyokeizai.net

toyokeizai.net

toyokeizai.net

toyokeizai.net

www.hokkaido-np.co.jp

利尻を音楽の島に 大物アーティストも続々ライブ 「本物を」町民手づくり

北海道新聞10/22 15:18


日本人の想像超える中国「爆走パワー」の現実

世界企業が生まれ、中国人が世界を席巻

東洋経済ONLINE 2018/10/05 8:00


国宝を守らなければ「年金・医療」はもたない

イギリス人アナリスト、「文化と経済」を斬る

東洋経済ONLINE 2016/02/19 6:00


地方は儲からない「イベント地獄」で疲弊する

現場がボロボロになる3つの「危険な罠」とは

東洋経済ONLINE2017/01/25 6:00

 

この北海道人の危機感のなさは、何処から来るのか。

テレビ新聞の情緒的で非論理的、世論工作的な報道を信じるな。

先ずは、イベント催事のバカ騒ぎで脳ミソが腐って行く時間を捨てて、軽薄極まりないカタカナ語や英語の乱用を止め、現実社会に生きる為の有用となる経済社会情報を得る読書を重ね、自分の頭で考え討論し合う時間を作り出せ。

そこにしか、茹でガエルにならないための術はない。

 

 

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

 

 

総務省が地方自治法の町村総会制度を考える大川村を弾圧するのは、支配層が絶対有利な現行議会制度を守りたいからだ

jp.sputniknews.com

 
総会断念へ「圧力」画策、高知 大川村巡り総務官僚

sputnik© Fotolia / Pinbokeoyaji

2018年10月22日 06:59

 

志布志事件 - Wikipedia  の例でも明らかな様に、敗戦後のJHQ占領政策の下、現行の議会制民主主義という偽装民主主義によって、世界の1%層である支配層の日本人支配の様々な仕組みが敷設された。

それを積極的に守るため、実態では独裁的な現行議会制度を破壊する切っ掛けとなるかも知れない直接民主主義的制度→直接民主主義 - Wikipedia 的な要素を持つ町村総会制度→町村総会 - Wikipedia の実現と、その全国への普及拡大を押し止めなければならないのが、支配層の意向を常に忖度して生きる総務省官僚の任務なのだ。

現行の公職選挙制度が内包する様々な偽装的民主主義仕組みに於いては、特に国政選挙に於いてその仕組みが顕著に邪悪な顔を覗かせ、そこでテレビ新聞を介し広告代理店を利用して選挙資金が豊富な勢力だけが政策の主張を充分に拡散でき、その一方で選挙中には候補者に関わる社会的、経済的な特定の情報の報道やネット上での拡散を法的に規制処罰して、投票判断の材料を充分には投票行動に反映されない様に情報操作され、更に99%層の主要部分を構成する貧乏人が公職議員に就ける機会を潰すため、世界一飛び抜けて高額な公職選挙供託金制度→供託金 - Wikipediaを設定したり、議員定数削減と小選挙区制 小選挙区制 - Wikipedia によって、上位得票であっても相対的に少数勢力である場合の実質的な多数勢力切り捨てで独裁政治化を実行可能にし、或いはいわゆる一票の格差一票の格差 - Wikipedia を放置して被支配層内の力学的関係性で分断と対立を持ち込まれている。

更にインターネット技術を投票と開票作業の過程に本格導入した場合には、投票者の無記名匿名性を排除されて実質的な記名投票に変質させ投票者の政治思想を関係機関が把握し、投票数の集計にはハッキング、情報漏えい、改ざんなどの止めない不透明性が投票開票作業を貫くことになる。

日本の支配層はその邪悪な支配の仕組みが、地方自治法で規定されている町村議会制度で破壊される切っ掛けを大川村に与えたくはないのである。

  

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

 

函館市は何故、福島の経験を捨てて大津波を5mと決めたのか

www.nikkei.com

www.hokkaido-np.co.jp

函館市、大型発電機設置へ 8階建て庁舎、無給油で3日間供給

北海道新聞10/20 05:00

 

福島第1原発を襲った津波、高さ14~15メートル 想定の3倍 
日本経済新聞2011/4/9付

 

この道新の記事では「道が予測する、津波が来た際の本庁舎周辺の浸水の高さが最大で4~5メートルとなっているため、高さ5メートルの鉄骨製の足場の上に置く。」となっているが、海溝型地震の長期評価 | 地震本部や 福島第1原発を襲った津波、高さ14~15メートル 想定の3倍 :日本経済新聞 から、安全確保のために想定する大津波の高さは少なくとも15mとするのが適当だ。

しかし、この決定が北海道の面子に忖度した結果であれば、大間原発に反対して市民の安全を第一に考えているはずの函館市長の政策と、この設置の決定との間には大きな矛盾が生まれるのだ。

函館港の近くに建つ函館市役所庁舎だが、8階建てなら高さは25m程はある。

何故、少なくとも7日間の発電能力を備えたうえで、屋上にこれを置こうと考えなかったのであろうか。

そして当の函館市民は、これにどの様な反応を示したのだろうか。

それとも、これに全く無関心なのか、たまたま知らなかったのだろうか。

日本人は本当に、歴史から何一つ学ぼうとしてはいない。

日本人が今、ここで問題発見と解決能力、主体性と実行能力を備えなければ、『我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ。』のウォーレン・バフェットの言葉から導き出される結論の一つ、「日本人は奴隷と家畜の一生を送る」という警鐘の言葉が歴史上の事実になるだろう。 

KYB事件から投資家や株主第一主義で社会的責任を放棄した日本企業の実態が透けて見える

www.hokkaido-np.co.jp

www.sankeibiz.jp

品質不正、日本メーカーに共通点 ガバナンスの欠如、コストダウンで現場負担の増加も (3/3ページ)

SankeiBiz2018.10.20 06:15

 

「集中型電源」問題視せず 停電検証委 専門家から疑問も

北海道新聞10/20 05:00

 

上記の記事では、 『機管理広報コンサルティング会社、エイレックスの江良俊郎社長は「まったく甘い。企業向けビジネスが中心で、消費者のことを考えていない」と対応を厳しく批判する。』と日本の産業機械製造業界には、厳しく批判を加えられていた。
しかし、そうした消費者軽視の体質はこの業界に限らず、例えば携帯電話の分野においても、高齢者にとって利用しやすい簡便な操作性を備え、本体価格や利用料などが低廉なフィーチャーフォンガラケーを合理的且つ真面な理由の説明がないままに消滅させ、その一方で、それに替えて高度な個人情報収集能力を持ち、多機能ゆえに高齢者にとって難解な操作性を備え、更に本体価格や利用料などが高額なスマホに集約させるといった収益追求第一・株主と投資家の利益配当を最優先する強引極まる経営戦略からしても、消費者を単にカネの成る木と位置付け、本来は備えなければならない重要な社会的責任を欠落する企業体質は、今、国際資本の手中にある全ての日本企業に当てはまる問題だという感がしてならない。
そしてこのKYBの事件からも、内輪に在る重大問題には触れたがらないあの北電、そして東電が抱える時限爆弾的、自滅的で詐欺的経営体質を再び思い起こさせるのだった。