マグニチュード99

最期の時まで美学を求めると決めた

NPO法人が、善意と言う草刈り釜を使って「言葉狩り」

jp.sputniknews.com

 
参院選、ファクトチェックを公表 政治家発言「誤り」判定も

sputnik2019年07月20日

 

一般的にも、また記事に在るNPO法人も、世界のジャーナリストたち、或いは裁判所と同等に事実を探り求める能力が有るのか??

世事の事実の深層は、数時間、数日、或いは数か月、数年、数十年掛かってようやく事の半分でも知る事が出来るというのが、むしろ通常の事だ。

刑事裁判でも、重大な殺人事件で再審請求が認められる事例が多くある事からも、事実真実の究明を即時に成し遂げられるNPO法人の存在などあり得ない。

そこにニセ情報を確認する能力と信用などあり得ない。

後に事実評価の訂正があっても、先に評価を加えられてニセ情報とされた関係当事者に信用回復を回復させるには、一体どのような方法でそれが出来るのか。

その誤った評価によって影響を受けた社会的影響の責任を、NPO法人は取れるのか。

その時、誤った評価によって既に社会は大きく動いているのだ。

しかしこの正義を気取るNPO法人は、当然ながら慎重な証拠収集による判断を求める裁判所ではないにも拘らず、短時間、短期間で平然とこうした正義の「判定」を世間に公表することであたかも「裁判所の様に擬装」するのは、情緒的な印象付けによる世論工作の効果しかもたらさず、それは情報工作員と、工作員の自覚なき工作員、世間知らずのお人好しの集団、その類の仕事である。

そしてNPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)」が行ったのは、各党党首の発言やインターネットの情報を対象にした「ファクトチェック(事実確認)」だが、連携メディアのウェブメディアWasegg(ワセッグ)と仲良く並んで、彼らが故意に日本語を使わずに正体不明のアルファベットやカタカナ語を名前に使い、それに浅薄さや如何わしさを感じる所で、それだけで既にアウト(笑)だ。

彼等は、そこで『安倍晋三首相の「年金積立金の運用益は民主党政権時代の10倍」を「誤り」と判定・・・8.2倍となり「10倍には届かない」と結論付けた。』としたが、政治家たる安倍の発言には政治的意味、言葉のあやと言う所を有権者は誰もが知っている。

その様な重箱の隅を楊枝でほじくる様な真似をする時間が有るのなら、福島の子供たちに甲状腺の異常と発ガンが多発しているとの情報を確かめるべく、精力的に現地で甲状腺異常発生した子供たちと家族から情報を広く、広く、公正に収集して多様な意見を公表するのが、日本人の大人としての責任というものだ。

彼らが拡大させる「事実確認」の一連の行動が、公正明大さや人的、時間的、能力、慎重さなどの担保を欠く分については、彼等の活動を「標準化」させようと狙う勢力によって看過されたまま、やがては法的にも彼らが裁判所に代わり、裁判外紛争解決手続 - Wikipediaの一つの類型として即時的に「判定」の効果が備えられるだろう。

それはあの監視カメラ、生体認証、位置情報、そうした社会的仕組みが国民市民を前にして広げられる、既成事実の積み重ねという社会の追認、標準化、そして「共謀罪」適用、電話、ファクス、メールなどの収集、GPSの追跡、令状なき情報収集の公認、そうした強権国家、警察国家の熟成は、ヒトラースターリンたち国家主義者の手法そのものではないか。

これが日本の、いや今や世界が歩む現実の姿となり、そしてそれを許し支える者とは、その被害を被る側の99%層であるというのが、ナチ党の権力掌握 - Wikipediaから学ぶべき歴史からの教訓なのだ。 magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com