マグニチュード99

最期の時まで美学を求めると決めた

誰が嘘つきで、誰が洗脳されているのか?

www.youtube.com

 

「ひとりがたり馬渕睦夫

#21 安倍外交と中国〜トランプ大統領とは打合せ済み〜 youtube

  

 

日本と世界のテレビ新聞・大メディアは、大ウソつきの洗脳工作組織集団だ。

彼馬淵睦夫氏は安倍晋三を誇っているが、それが彼の自己防衛の隠れ蓑なのか、或いは本音なのかは私は分からない。

ここで安倍晋三に対するそれが本音と仮定すれば、彼が安倍晋三の99%層に対する経済政策をどう評価するのか、その核心となる国内経済問題こそが国際政治問題よりも遥かに重要なのだから、それについて彼の諸見解をネット上から何時かは探ってみたい。

彼が得意とする国際関係問題では、中国封じ込めに繋がる中国ロシアの関係強化に抗う安倍晋三外交政策を高評価している様だが、トランプも安倍政権の外交政策を支持していると彼は観ている。

だが果たしてそれが、トランプ、いや彼の指南役キッシンジャーと国際資本の正体、世界外交の実態なのか。

あの毛沢東中国共産党を飼育して来た反シオニスト系国際資本は、反シオニストユダヤ人のキッシンジャーと共に、彼のピノキオであったニクソンアメリカ政界に使徒として大統領の名で送り込み、中国封じ込めと対ソ東西冷戦を雪融けで終わらせ、米中国交回復で中国を国際市場の舞台に引き上げ、巨大な人口を背景にして市場形成を進めると同時に、元より政府よりも金バーに信頼を置き商機に敏感な中国人を世界に拡散させ、そして今、新たな使徒となったトランプを送り込んで中国を背後から支援し、更に膨張する中国の民族資本を世界中に展開する最強の武器として使い、ロシアと中国とを封じ込めるのを政治経済の基本戦略として来た軍産複合体・自称リベラリスト・大メディア・シオニスト系国際資本との戦争を、今、世界中で実行中だ。

その戦略上に置かれたトランプに、日本人と日本経済を中国の支配力から守り、遠く離れたアジアの経済超大国中国を封じ込める戦略上の必要性が基本として有るはずがなく、もしそうした政策が存在したとしても、それは今まで通りに中国の支配力を強化拡大するためのテコや跳ね返りのバネとして据え置かれた、ある行いが最後には狙いと真逆の結果を導く、あの何時もの「やり過ぎ作戦」、戦略戦術上の政策でしかないのだ。

そしてその条件の下では、日本が中国の属国となるのを彼らは既に容認済みだと観ても、何ら不思議はないのだ。

更にそこに行きつく過程で、日中戦争、或いは小中の武力衝突は、日本人が核燃料、石油、食糧・食料、全てを輸入し食料安全保障を投げ捨て生きる限り、アメリカン・ファーストを掲げるアメリカ国際資本にとって、極めて美味しい話だということなのである。

 

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com