マグニチュード99

最期の時まで美学を求めると決めた

貧困と飢餓の階級性を隠したままに、募金だけ募るのは詐欺だ

www.hokkaido-np.co.jp

www.hokkaido-np.co.jp

西アフリカで130万人栄養失調 5歳未満の子ども

北海道新聞11/17 10:47

 

ホームレスの美談は作り話、米 ネットで4千万円集め3人逮捕

北海道新聞11/17 13:10

 

「・・・」のヒトラーの格言にも在る様に、ばれ易いウソは常に小さなウソであるのが事実だ。

「わたしは間違っているが、世間はもっと間違っている。」
「嘘は大きい程よい。」
「嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、人はそ れを信じるようになる。」
「賢い勝利者は、可能な限り、自分の要求を幾度も分 割して敗北者に課するだろう。」
「大衆は、小さな嘘より大きな嘘にだまされやすい。 なぜなら、彼らは小さな嘘は自分でもつくが、大きな 嘘は怖くてつけないからだ。」
「熱狂した大衆だけが、操縦可能である。」
「老人が多く自殺する国は滅ぶ。」

何故、貧困と飢餓、そして人類愛に彩られた募金は永遠に続くのか。 

相変わらず今日も同情と愛のカネを集金する国際資本なら、自身の財布にある僅か1日分の小遣いでこうした世界の餓える全ての子供たちを救命できるはずなのに、世界のメディアは貧困と飢餓の原因とその犯人の姿を指摘することなく、お涙と情緒的な言葉の羅列で世界の子供たちや、心優しくも無知無関心の人々たちから国際資本が集金するのを支援しようと請け負い、こうして「永遠の飢餓」を報道し続ける。

あの中南米からアメリカに押し寄せる「移民キャラバン」とやらの問題もそうだが、仮に今ここで、北朝鮮から数万人の人たちが「移民キャラバン」を名乗って日本に押し寄せても、その時、日本人は何もの疑問を持たずにその人たちを救済しようとして彼らを受け入れられるのか。

そうすれば、北朝鮮に暮らす99%層の生存が保障されるのか。

そもそも誰が、彼ら被支配層99%層の姿を「移民」「キャラバン」と美しく名付けたのか。

トランプ政権、法務省、税関・国境警備局、多くのアメリカ市民、或いは資本家・投資家と企業経営者にとっては、彼らはただの不法入国者であり、そこで彼らの足元を見透かした企業経営者は、彼らを低賃金と極悪な条件で「現代の奴隷」として過酷な労働の役に就かせるのだ。

そしてアメリカ軍には、国籍や大学入学資格の取得の為に兵役志願兵となって、アフガン、シリア、イラクなどの前線に赴く移民の若者が数多い。

世界の階級社会に於ける「生かさず殺さず」の下で生きる99%層は、反トランプ勢力が移民キャラバンなどと謳う情緒的な世論操作、極めて政治目的に彩られたこの博愛運動に騙されてはならない。

彼ら不法移民希望者が抱える諸問題は彼ら自身でしか根本的な解決はできず、我々日本人は彼らが真面に人間らしく生きて行ける様な世界的環境を作る生き方を自ら実践する中で、直接的には彼らから支援が望まれた時、その手伝いが出来るだけなのだ。

 

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com

magnitude99.hatenablog.com